健診、予防接種

インフルエンザワクチン

◆小学生~64才以下 3500円(税込み)
◆65才以上 2000円

次の1から3に該当するかたは、接種を受ける際に各種証明書を医療機関へ持参すると接種料金が無料になります。
1. 市民税非課税世帯のかた
  当年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
(接種者本人が介護保険負担限度額認定証または後期高齢者医療限度額適用標準負担額
  減額認定証をお持ちの場合はそれぞれの認定証の写しでも可)
 (注)国民健康保険医療限度額適用標準負担額認定証は不可。
 (注)市民税非課税証明書は1通300円の手数料がかかります。
2. 生活保護受給世帯のかた
  長崎市生活保護診療依頼証(受給証)
3. 中国残留邦人等に対する支援給付の支給決定がされているかた
  中国残留邦人等本人確認証

特定健診(40歳以上:無料~)(問診・採血・検尿・血圧・身長体重測定)

医療保険者から、対象者に受診券(保健指導は「利用券」)や受診案内が届きます(郵送や手渡し等)ので、届き次第、受診券(利用券)と被保険者証をお持ちください。特定健診のみでも、診療のついででも問題ありません。協会けんぽの場合:自己負担額1073円となります。

肝炎ウイルス検診

無料検査の対象者は、長崎市内に住所を有する20歳以上の方(ただし過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方)

大腸がん検診(便潜血検査)

40歳以上:600円(年度に1回となります。)

<次のかたは、受診料が無料になりますので受診の際、各種証明書をご持参ください。>

高齢者の医療の確保に関する法律による後期高齢者医療被保険者…後期高齢者医療被保険者証
医療保険各法による高齢受給者…高齢受給者証
生活保護法による被保護世帯に属するかた…生活保護受給証
中国残留邦人等支援法に基づく特定中国残留邦人の方など…中国残留邦人等本人確認証
市民税非課税世帯に属するかた…世帯主の市・県民税非課税証明書の写し
くわしくは、市役所健康づくり課(電話番号 095-829-1154)へお問い合わせください。

肺炎球菌ワクチン接種

平成30年度の対象者

次に該当する方 (今年度の対象の方へは、平成30年6月に勧奨はがきを発送する予定にしています。)
昭和28年4月2日生 ~ 昭和29年4月1日生の方
昭和23年4月2日生 ~ 昭和24年4月1日生の方
昭和18年4月2日生 ~ 昭和19年4月1日生の方
昭和13年4月2日生 ~ 昭和14年4月1日生の方
昭和 8年4月2日生 ~ 昭和 9年4月1日生の方
昭和 3年4月2日生 ~ 昭和 4年4月1日生の方
大正12年4月2日生 ~ 大正13年4月1日生の方
大正 7年4月2日生 ~ 大正 8年4月1日生の方
60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害をお持ちの方
※ただし、今までに肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を接種したことがある方は対象とはなりません。
助成回数
1回 ※対象年齢の年に1度だけの定期接種です。
接種料金
2,000円(接種の際に医療機関の窓口でお支払いください。)
※なお、対象となる方のうち、次の1から3に該当するかたは、接種を受けるときに各種証明書を医療機関へ持参すると接種料金が無料になります。
市民税非課税世帯の方
・4月~5月に接種される方→平成29年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
・6月に接種される方→平成29年度または平成30年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
・7月~3月に接種される方→平成30年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
※接種者本人または世帯主が、後期高齢者医療限度額適用標準負担額減額認定証または介護保険負担限度額認定証をご持参の方はそれぞれの写しでも可
生活保護受給世帯の方
長崎市生活保護診療依頼証(受給証)
中国残留邦人等に対する支援給付の支給決定がされている方
中国残留邦人等本人確認証